« Dolls | トップページ | ネバーランド »

2006年3月19日 (日)

ダンシング・ハバナ

ダンシング・ハバナ DVD ダンシング・ハバナ

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2005年公開(86分)
製作国:アメリカ
監 督:ガイ・ファーランド
CAST:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ、セーラ・ウォード

 <STORY> 
1958年、キューバ。
一人の青年との出会いが私を変えた。

父親の赴任で魅惑的な常夏のキューバへやってきた18歳のアメリカン、ケイティ(ロモーラ・ガライ)。
そこで出会ったのは貧しいけれど誇り高いキューバ人ハビエル(ディエゴ・ルナ)と、サルサのリズムだった。
家族と共にアメリカへ移住するハビエルの夢をかなえるため、2人は力をあわせ、ダンス大会優勝を目指してレッスンを重ねるが・・・。

<つぶやき>
↑こんな感じで、見なくても時代とロケーションなどでもうストーリーがわかってしまう方もたくさんいるでしょう…
そして、『ダーティーダンシング』の続編といえばご存知の方も多いのでは。
そうなんです、避暑地を訪れた少女が、官能的なダンスを触媒に一人の青年と情熱的な恋に落ちる87年のヒット作「ダーティ・ダンシング」を下敷きにした作品なのです。(なぜラテン?という疑問はありますが…)
舞台を、革命前夜のキューバに移し、新たなスタッフ・キャストでアメリカ人少女とキューバ人青年という設定に変わりました。

なんといっても見所は、「天国の口、終りの楽園。」のディエゴ・ルナが演じるキューバ人の青年のダンス。
太陽の降り注ぐ、午後の公園で生演奏で踊る彼にメロメロです…
そして、ロモーラ・ガライ演じるケイティは、彼とダンスに出会うことでとても素敵な女性になっていきます。
ホントに、みるみるうちに綺麗にになっていきますからそこをお見逃し無く!!!
ベタなストーリーだけど、ダンスで魅せる場面や映像として綺麗なシーンは盛りだくさん。時代背景も興味深いところですし、一度二人のサルサに酔いしれてみてはいかがでしょう?

|

« Dolls | トップページ | ネバーランド »

コメント

ダーティーダンシングに続編があるなんて・・知らなかった。ダーティダンシングは若かりし頃すでに10回以上見ている映画。この映画にも興味津々です。ぜひ、トラックバックさせて下さい。

投稿: harebare | 2006年3月30日 (木) 21:43

harebareさんはじめまして!
コメントとトラックバックどうもありがとうございます!!!
まだブログをはじめて2週間なので、トラックバックは初めてしていただきました。
『HONEY』は私も何度も観ました!
一度はレンタルしましたが、結局何度も観たくて購入しました♪ダンスシーンが多くて楽しいですよね!
私はダンス映画をはじめて観たのはフラッシュダンスでした。
『HONEY』、娘さんにも気にいっていただけたら嬉しいですね!そうそう、ダンシングハバナのラテンダンスもなかなかいいです。
社交ダンスより自由で、ちょっと妖艶で。
ぜひ一度ご覧ください!

投稿: 映画生活 | 2006年3月31日 (金) 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/1097239

この記事へのトラックバック一覧です: ダンシング・ハバナ:

» ダンス映画 [娘kikiと私の好きな物]
kikiも具合が良くなったので、今日はお友達を呼んで遊んでもらっているうちに映画鑑賞会{/kirakira/} 今日の映画はダークエンジェルのジャシカ・アルバ主演「ダンスレボリューション」。アマゾンで882円で買ったもの。安さとダンスとジェシカに惹かれて、賭けのつもりで買ったこのDVD。感想は星{/star/}{/star/}{/star/}。内容は「天使にラブソングを」みたいな先の見える単純なストーリーだけど、ジェ�... [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 21:44

« Dolls | トップページ | ネバーランド »