« セント・オブ・ウーマン | トップページ | 僕のニューヨークライフ »

2006年4月20日 (木)

恋愛小説家

恋愛小説家

1998年公開(138分)
製作国:アメリカ
監 督:ジェームズ・L・ブルックス
CAST:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア

<STORY>
第55回ゴールデン・グローブ賞で主要3部門に輝いた、ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント共演の恋愛ドラマ。
偏屈で嫌われ者のベストセラー作家と、バツイチで子持ちのウェイトレスが織りなす不器用な恋を、さりげないユーモアを交えて描く。
誰かれ構わず悪態をつく、小説家役のニコルソンがハマリ役。甘く切ない女心を描き、書いた本はすべてベストセラーという恋愛小説家メルビン。
しかし実際の本人は、異常なまでに潔癖性で神経質の嫌われ者。周囲に毒舌をまき散らし、友人は誰もいない。
そんな彼がある日、ウェイトレスのキャロルに淡い恋心を抱くが・・・。Asgoodas_2_3

<つぶやき>
肩をすくめる』のは人間だけだと思っていませんか???
犬だって!『肩をすくめて』がっかりしたりするんです。

ニコルソンの向かいに住むサイモンの愛犬バーデル

もう、ハチ公も、アイフルのくうちゃんも真っ青!!!!
ジャックニコルソンの出したエサに疑い深く腹ばいで進んだり、神経症の彼の真似をして道路のヒビ割れをよけて歩いたり…
あの泣きそうな目で、画面の前の私も固まりました…
ワンちゃん飼いたい!!!!と絶対思ってしまう映画なので賃貸の方はご注意を!

ヘレン・ハントのなんだか疲れた感じの美しさ。
しっかりしているのに、すぐに壊れてしまいそうな雰囲気がうまく出ていて素敵です。

そしてお決まり、ジャック・ニコルソンの変人・偏屈・嫌われ者役。
ただ、このセリフの時の彼は最高です!!

『君の頭の中にある全ての思い
 そして君が口にする言葉はいつでも真摯で善意に溢れている
 なのにたいていの人間はそれを見逃している…
      テーブルに料理を運んでいる君が、
      世界最高の女だってことを!

       それに気づいているのは僕だけ、それが誇らしいAsgoodas_1_1

小学生の子供がいても…
ウェイトレスと子育てに追われる忙しい毎日でも…
こんな一言を言われる日があるのであれば
人生って素晴らしい
そう思える今日この頃です。

|

« セント・オブ・ウーマン | トップページ | 僕のニューヨークライフ »

コメント

ジャック・ニコルソン!!好きです。
「恋愛適齢期」でも、おなかがよじれるくらい笑いました。微妙な魅力に大人心は降参です。特に怪しい笑い方には参ります。
あの映画、若ーい管理人さんが観たらどんな印象なんだろう?って、興味があります。このブログで取り上げられるときが楽しみです。

投稿: July,July | 2006年4月28日 (金) 08:29

『恋愛適齢期』、私も見ました!
ずいぶん前に観たので、まだこちらには載せていないですが、このGWにでも観なおしてみようと思ってます!
私も母と二人で観てかなり笑いました。
私の同世代の友人は・・・予想通りの反応で、『なぜキアヌ・リーブスでないの?』と言う感想が多かったのですが、キャスティングを観て、最後には・・・ジャック・ニコルソンかぁ・・・と最初の15分でわかってしまうのがまたこの映画のいいところ。
怒鳴らせたらアル・パチーノ。
切ない男にはショーン・ペン。
そして変人役にはジャック・ニコルソン!!!
彼がもしレストランで隣にいたら、年の差40歳を乗り越えてみたい・・・(さすがに無理ですかね。父が泣きますね・・・)と横顔では思うおじさん。
でも、カッコーの巣の上での若い頃の彼も素敵でしたよね。
『アバウトシュミット』も、ストーリーより彼の存在感で二時間引っ張っていた気がしますし。
とにかくすごい俳優さんですよね。
もう少し彼のことを研究して、いつかニコルソン特集としてここに記事を載せたいな、と思っています。

投稿: 映画生活 | 2006年4月28日 (金) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/1535776

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛小説家:

» はじめてきました!! [激安ショッピング研究所 〜最安値でGET〜]
ネットサーフィンできました。素敵なサイトですね!!じっくり読んでいきます♪ [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 22:56

« セント・オブ・ウーマン | トップページ | 僕のニューヨークライフ »