« 恋愛小説家 | トップページ | 今日のできごと(1) »

2006年5月 1日 (月)

僕のニューヨークライフ

Photo

2006年公開(112分)
製作国:アメリカ・フランス・オランダ・イギリス
監 督:ウディ・アレン
CAST:ジェイソン・ビッグス、クリスティナ・リッチ、ウディ・アレン

<STORY>
マンハッタンに住む21歳の新進コメディ作家ジェリー。
彼は互いに一目惚れの恋に落ち、以来同棲している女優の卵アマンダに気を揉んでいた。彼女はいつも気まぐれで不可解な言動が多く、最近はベッドの誘いにも応じてくれない。
また、夫と離婚してからいろんな男のもとを転々とし文無しとなったアマンダの母ポーラがジェリーたちのアパートに転がり込み、ジェリーの頼りないマネージャー、ハーヴィには自らの生計を立てるために契約更新を迫られるなど、ジェリーの悩みは募るばかり。
彼は一方で、教師で先輩作家のドーベルにそれらの悩み事を打ち明け、人生の指南を仰いでいた。だが、ドーベルもエキセントリックで掴み所がない不思議な人物。そんなある日、アマンダの浮気が発覚するのだが…。03_2

 <つぶやき>
ウディ・アレンの作品は、
ギター弾きの恋(1999)
セレブリティ(1998)
地球は女で回ってる(1997)
世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996)
ブロードウェイと銃弾(1994)
これくらいしか観たことがありません。

いつか書こうと思っていますが、「ギター弾きの恋」は私はとても心に残っていますしショーン・ペンが最高の映画です。
その他?はといえば、私の好みのものは少ないかな…といのが正直なところ。05

今回の作品は、劇場でたまたまやっていたので観に行きました。
ちょっとゆるい感じですが、まあまあ楽しめます。
とっても楽しかったのは、ドーベル役で出演しているウディ・アレンのジョークと、クリスティーナ・リッチの演じるアマンダの気まぐれぶりでした。
クリスティーナ・リッチ…
なんだか不思議な雰囲気の女優さんだと思いませんか?
「モンスター」
「バッファロー'66」
「200本のたばこ」
など全ての作品でとても不思議な色っぽさを出しています。
なんだか今回の作品でもクリスティーナ・リッチにずっと見とれているうちに時間が過ぎました。02

NYの町並みが好きな方には楽しめるかもしれません!

|

« 恋愛小説家 | トップページ | 今日のできごと(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/1688731

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のニューヨークライフ:

» 送料無料の激安価格! [グレッチ ギター激安販売]
グレッチのギターを紹介しいます。全て送料無料で豊富な品揃え! [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 19:09

» バッファロー '66 と 下流社会 [Shoulder.jp]
[続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 12:32

» シンプルライフ4 プロモ画像 [シンプルライフ4 プロモ画像]
新着!パリスヒルトン、二コールリッチーのシンプルライフ4の最新情報です。私のブログはTBフリーです。ジャンルは問いませんので、どんどんTBしてください。宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 22:00

« 恋愛小説家 | トップページ | 今日のできごと(1) »