« 今日のできごと(9) | トップページ | バタフライエフェクト »

2006年6月11日 (日)

シンデレラマン

シンデレラマン DVD シンデレラマン

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2005年公開(144分)
製作国:アメリカ
監 督:ロン・ハワード
CAST:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー 

 <STORY>
実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生を映画化した感動のヒューマン・ストーリー。大恐慌時代、どん底の貧困から愛する家族を守るため命を懸けて再起のリングに上がる一人の男の姿を描く。

<つぶやき>
観客である私も━シンデレラマン━の再起をかけた戦い、
そして命を懸けた試合を見守りました。

これが、本当に実話なのか…

映画にまでになる一人の人間の人生というのは、
やはり苦しくて、辛くて、悲しみを抱え、その先に何か一つを見つけた人生であることが多い。
もちろんこの作品だけではないかもしれないが、
主人公ジム・ブラドックはそんな苦しい毎日の中で、家族をこの上なく愛している。

もちろん現代にも家族愛や兄弟愛は存在するけれども、
大恐慌の時代の、あんなに貧しかった時代の、
実話・実在人物であるジム・ブラドックの物語。

彼に勇気をもらい、
明日もがんばろう。
そう素直に思える作品。

DVDには実際の試合の映像もあります。
そちらもぜひご覧ください!!!

|

« 今日のできごと(9) | トップページ | バタフライエフェクト »

コメント

映画生活さま、こんばんは。
TB、ありがとうございました。

どん底から這い上がって、栄光を手にする話というのは、サクセス・ストーリーとして、すごく勇気づけられますが、実話となるとなおさら迫力がありますよね。

素直に前向きになれる映画ですね。

また遊びにきますので、よろしくお願いします♪

投稿: Yuhi | 2006年7月 8日 (土) 00:52

Yuhiさんこんばんは。
いつもありがとうございます!!

実話といなると本当に迫力が違ってきますね。
DVDの特典映像に、本物のシンデレラマンのボクシングシーンが入っていました。
ご覧になりました?
とっても迫力ありましたね。

またこんな映画に出会えると良いな、と思い日々映画三昧になってしまいます。
またお待ちしています♪

投稿: 映画生活 | 2006年7月 8日 (土) 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/2193864

この記事へのトラックバック一覧です: シンデレラマン:

» シンデレラマン [Yuhiの読書日記+α]
ラッセル・クロウ主演の実在のボクサー、ジミー・ブラドックの半生を描いた作品。 手を痛め、半ば強制的に引退させられたジムは、家族を養うために日雇いで仕事をするが、なかなか思うようには稼げない。 徐々に生活は困窮し、電気すら止められる始末・・・。家族が一緒に生活する事だけが生きる支えとなっていたジミーは、プライドを捨てて昔のボクサー仲間を訪ね、お金を借りるのですが・・・。 元々、「シンデ�... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 00:44

» シンデレラマン [UkiUkiれいんぼーデイ]
貧困、貧乏・・・いやぁ〜な響きです。 なぜなら・・・ イヤと言うほど味わいましたから (;´w⊂) “お金が全て”とは考えたくはありませんが、貧乏を経験するとキレイ事では済ませられない切実なものがあります。 昔、藤圭子さんの歌にありましたね 15、16、17と〜、あたしの〜人生暗〜かった〜 ・・・私の青春も暗かったです (ノ-'。)クスン 主人公、ブラドック一家もかなり悲惨な貧乏生活です。 ただ、この時代は言わずと知れたアメリカの大恐慌時代。 この一... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 15:31

« 今日のできごと(9) | トップページ | バタフライエフェクト »