« サイドウェイ | トップページ | 今日のできごと(11) »

2006年6月17日 (土)

ディナーラッシュ

ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~ DVD ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004/07/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2002年公開(99分)
製作国:アメリカ
監 督:ボブ・ジラルディ
CAST:ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ

 <STORY>
ニューヨークの人気レストランを舞台に繰り広げられる様々な人間模様に殺人事件を絡め、一夜の出来事としてスリリングに描いた痛快なサスペンス・ドラマ。

<つぶやき>
『シェフと素顔とおいしい時間』というジャン・レノ主演のフランス映画をご存知でしょうか???

こちらの作品では、かなりゆったりと食事が作られていた記憶があります。

一方、今回の作品は『ディナーラッシュ』
のタイトルの通り、夕飯時に始まるディナーラッシュ。
この数時間の間の厨房の中は戦場です。ゆったり・・・とは程遠い。

D6この作品の中では音楽にあわせてフライパンや野菜やステーキ用の肉の塊が飛び交う。
ウィトレスは早く仕上げろとシェフに叫び、そんなことを聞く暇も無くひたすらつくり続けるシェフたち。

この映画は『二つの箱』で構成されているように感じます。
一つは『厨房』。一つは『リストランテ全体

D7 戦場と化した厨房の中と、客席に座る様々なキャラクターの人間たち。
そしてその間を行きかうオーナーとその息子で料理長のシェフ。

マフィアや芸術評論家、NYらしく手厳しいレストランの評論家には特別メニューをだしたりこの箱の中には様々な人々の思惑が交錯します
D2_1作品自体もいろんなテーマを描いています。
しかし、マフィアにもイタリア芸術にも現地NYの評論家の存在にも知識のない日本人の私は単純に、『覗き見』を楽しみました。

D3華やかなリストランテ、
ディナーラッシュに多くの人々が料理を待ち、
テーブルにエビののった白い皿がいくつも運ばれ、
戦場となった厨房では色とりどりのメニューが仕上げられる。

       監督がリストランテ経営者ならではのリアルさがある作品です。
       つかの間の『覗き見』、楽しんでみてください!

|

« サイドウェイ | トップページ | 今日のできごと(11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/2215229

この記事へのトラックバック一覧です: ディナーラッシュ:

» ディナーラッシュ [みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories]
キッチンより愛を込めて ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~  2001年 アメリカ 監督 ボブ・ジラルディ 冬のニューヨーク・トライベッカ。 イタリアン・レストラン「ジジーノ」オーナーのルイス(ダニー・アイエロ)は、長年のビジネス・ パートナー... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 10:28

« サイドウェイ | トップページ | 今日のできごと(11) »