« クローサー | トップページ | オペラ座の怪人 »

2006年7月24日 (月)

シリアナ

シリアナ DVD シリアナ

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年公開(128分)
製作国:アメリカ
監 督:スティーヴン・ギャガン
CAST:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピートPhoto_88

 <STORY
石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員の暗躍をドキュメンタリー・タッチで描いた政治サスペンス
改革に意欲的な王子ナシールが王位継承権を持つ中東のとある小国。長年危険な諜報活動に従事してきたCIA工作員のボブ・バーンズは息子の大学進学を機に引退を決意する。そんなボブに最後の極秘指令が下される…。Photo_85

つぶやき
とりあえず、難しい
ということだけ、ここでお伝えしておこうかな、と思います。

話題になっていたし、ジョージクルーニーが助演男優賞をとったりでなんとなくキャスティングで選んで観てしまったのです。

Photo_90映画は、全て理解できなければ楽しめないということではないと思うのですが、あまりにここ何年かで見てきたニュースの中の映像を思い起こすようなシーンが多く、政治や世界情勢に詳しくなければ、「なんでこうなるの?」と考え続けてラストへ…ということになりかねない作品でした。

Photo_91メッセージ性はとても強い作品なのであろうとはあると思います。

本当に難しい作品でした。
中東の石油利権や、世界情勢に詳しい方・興味ある方は必見なのかもしれません。Photo_92 Photo_89

|

« クローサー | トップページ | オペラ座の怪人 »

コメント

これが例の映画ですな
なんか『尻穴』みたいでお馬鹿っぽいけど
全然そんなじゃないね

僕は頭があまり良くないと言うか、
あまりものを知らないので、
この映画を観ても理解不能でおわりそうかも

映画には予備知識がないと楽しめないものがあるよね
パイレーツ~みたいにスカッと楽しいのばかり見てると
いっそう馬鹿に拍車がかかっちゃうかも・・・
(でも観るけど^^)

ジャック・スパロウはローリングストーンズの
キース・リチャードを狙ってるんだよ
キースみたいになりたくてデップは張り切っちゃったのかな
やしの木から落ちなきゃいいけど

梅雨だし気持ちが晴れないけど
そんな時こそ世間について勉強しよう!と
ちょっと思った僕でした


投稿: スメルジャコフ | 2006年7月24日 (月) 03:05

私ももっとわかりやすい邦題をつけて欲しかったと思います。
なぜ今回に限って・・・シリアナ(原題)のままなのでしょう!?
普段はびっくりするような邦題をつけちゃうのに・・・

「シリアナ」とは・・・イランとイラク、そしてシリアがひとつの民族国家を形成した場合の想定国家の名前なのだそうです。
中東問題に詳しい人ならすぐわかる用語で、きっと邦題であえてわかりやすくしなかったのは、「この用語がわかる方はどうぞご覧ください」という意味だったのかしら・・・
と鑑賞後に思いました。

なんとなく日本語だと変な感じだというのはいろんなサイトのクチコミにも書かれているようです。
石油の問題なんかはかなりタイムリーなので、これを期に勉強しなければいけないのかもしれませんね。

とにかく、スメルジャコフさん以上に知識の少ない私には、さっぱりでした。
ちょっと怖かったですし。
ちなみに一緒にみた父も、
うーん・・・とうなってました(^^;)

ジャック・スパロウの濃いメイクと、オーランド・ブルームのアクションのほうがやはり幾分楽しいですね。
Mi-Ⅲも公開だし、夏の間はとりあえず楽しい映画を見たいものですね!

投稿: 映画生活 | 2006年7月24日 (月) 04:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/2736752

この記事へのトラックバック一覧です: シリアナ:

« クローサー | トップページ | オペラ座の怪人 »