« めぐりあう時間たち | トップページ | ムーラン・ルージュ »

2006年7月 3日 (月)

博士の愛した数式

博士の愛した数式 Book 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 <STORY
彼のことを、私と息子は博士と呼んだそして博士は息子を、ルートと呼んだ。ルート記号の中に数字をはめ込むとどんな魔法が掛かるか、三人で試した日のことはよく覚えている――。記憶を失った天才数学者と幼い息子を抱えて働く私の出会いと幸福な一年。

つぶやき
完全数…28
友愛数
頭の天辺が平らな10歳の少年ルート
その母で家政婦の私
元阪神タイガースの江夏豊
記憶が80分しかもたない天才数学者の博士

これらにまつわる物語です。
…といってわかっていただけるでしょうか?
私なら頭の中は高校の数学の授業のように?マークだらけです。

登場人物が縦糸
1-1=0』や三角数フェルマーの最終定理双子素数などが横糸なのだとします。
そして、柔らかなそれらの<糸>を編むように交差させて、そこへ描かれた<模様>
雷の夜に「私」が博士の背広をつかんでしまったり、
博士と親しくなる「私」に向けられる母屋に住む未亡人からの冷たい視線。
ルートの怪我に驚きショック状態の博士の背中をなでながら、背中の広さに少しおどろいたりする「私」。
ルートを抱きしめる博士。
であったりするのかなと感じました。物語のなかに隠れている暗示を見逃さないように読まなくてはいけない気がしました。Photo_42

物語の全編、家族愛でも友情でも恋愛としての愛情でもなく、そこにはしさだけがずっと横たわっています。
三人のそれぞれの優しさと、博士との共通の話題である阪神タイガースの江夏豊と数字にまつわる話、三人で過ごす時間。
そしてそこには特別な、三人にしか持てない愛情がきっと生まれていたのです。

━博士の書く数字には丸みがあって、心持ち皆、うつむき加減だった。
             柔らかい芯が粉になって数字の回りに散っていた━

家政婦の「私」は、いつの間にか数字をいとおしむようになり博士の書く数字に対する描写もこんなに優しいのです。

こんなに『数学』が嫌いだった私が、
もしかしたら<数字>ほど美しくロマンティックなものはないかもしれない本当に思ってしまいそうになるのです。

3月に紹介した『パイロットフィッシュ』以来、久しぶりに優しい小説にめぐり会いました。

|

« めぐりあう時間たち | トップページ | ムーラン・ルージュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/2463168

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

» 映画 博士の愛した数式 [FREQUENCE.]
博士の愛した数式公式サイト レンタル開始日: 2006年07月07日 製作年: 2005年 公開: 2006年01月21日 製作国: 日本 配給: アスミック・エース エンタテインメント 収録時間: 117分 出演者: 寺尾聰(寺尾聡) 深津絵里 齋藤隆成 吉岡秀隆 浅丘ルリ子 監督: 小泉..... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 03:04

» 博士の愛した数式 [東京ミュービー日記]
博士の愛した数式 監督:小泉堯史 出演:寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子ほか 今日は休み。 出張と風邪気味でぐったり。 かなり寝ました。 おかげでだいぶ体が楽になる。 たまにはこんな休息も必要かなと。 ゆっくりしました。 そんな中、寝... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 18:17

» 博士の愛した数式/小川洋子 [文学な?ブログ]
この瞬間を懸命に生きることの大切さを博士は教えてくれました。たとえ記憶は80分しか続かなくても、人の心に幸せを残し、その瞬間に存在した証を残すことはできます。 数学者であった博士とその家政婦の母子が交流を深めて行く心温まる物語です。淡々と過ぎる日々の中で、些細な事件に苦悩したり、喜びを感じたりながら、母子は徐々に博士のことを理解してゆきます。その関係はとても微笑ましく美しいものです。 物語の随所に登場する数字や数式は確かに面白く、家政婦同様に私も新しい発見をした気持ちになりました。本を閉... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 14:43

» 博士の愛した数式−(映画:2006年99本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:小泉堯史 出演:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 評価:65点 公式サイト (ネタバレあります) 原作と映画は別物だ。 頭ではわかっているつもりでいたけれど、原作であれだけ感動した後にこの映画を見せられたらがっかりせざるを....... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 01:16

» 博士の愛した数式 [映画、言いたい放題!]
新春なので穏やかな映画を。 飲みに行くと必ず映画の話になる役者の友人の最近のオススメです。 DVDで鑑賞。 数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。 シングルマザーだった彼の母親は、 交通事故による脳の損傷で記憶が80分し... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 01:37

« めぐりあう時間たち | トップページ | ムーラン・ルージュ »