« ヴァージン・スーサイズ | トップページ | 玉置浩二 »

2006年7月18日 (火)

大停電の夜に

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) DVD 大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2005年公開(132分)
製作国:日本
監 督:源孝志
CAST:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、寺島しのぶ、井川遥
    阿部力、本郷奏多、香椎由宇、田畑智子、宮城孔明、品川徹
    淡島千景、宇津井健Photo_76


 <STORY
東京がいちばん光輝くクリスマスイヴ。宇宙では雪が舞い、かつてない夜がはじまろうとしている。
古びたジャズ・バーから聴こえてくるのは、「マイ・フーリッシュ・ハート」。
その甘く切ない旋律は、一年に一度のこの夜を待ち望む人たちへと降り注いでいく。Photo_77

それぞれのクリスマスイヴが始まろうとしていた。
そんな時、すべての光が一瞬に消え、東京がかつてない暗闇に沈んだ。
ラジオからは、緊急ニュースを伝えるアナウンサーの声が流れる。
12月24日午後5時過ぎ、東京を含む首都圏全域が大規模な停電に見舞われました」…Photo_78

つぶやき
登場人物は、14歳の少年から75歳まで,あらゆる世代の男と女。

登場する12人。
キャンドルの灯りと、東京の都市の灯りが消えたために姿を現した星空の明かりに導かれ、それぞれのクリスマス・イヴが描かれる。

決して一夜の出来事では終わらない、様々な出会いや別れ、事実や隠し事。
灯りの消えた東京で、12人が語り合う。

『あなたは本当に、見えていますか?』
そんなことを観ている人にも訴える作品。Photo_79

電気を消して、キャンドルで夜をすごしたら、あなたも━言えなかったこと━が言えるかも知れません。
キャンドルと、ワインと、23度に設定したエアコンの下で、季節外れの『クリスマス』っていうのはどうでしょう・・・

映画生活管理人は12月までとても待てそうにないので、この暑い7月におすすめの一本として掲載してみます。

|

« ヴァージン・スーサイズ | トップページ | 玉置浩二 »

コメント

TBありがとう。
この映画、照明とか、小道具の使い方は、うまいですね。
あんな、ジャズバーあれば、誰でも入っていきたくなるだろうに、なんか、もう店はたたむんだ、みたいな不景気なこといってましたねぇ(笑)
マスターに愛想がないんでしょう!

投稿: kimion20002000 | 2006年8月 1日 (火) 15:58

kimion20002000さんこんにちは、そしてはじめまして。
そうですよね、あんなジャズバー、近くにあれば間違いなく私は常連です。
ロウソク・・・ちょっとこんな日に火事を起こさないかしら??と心配したり(^^:)
でも灯りがキレイで、ストーリーは確かにありえないことづくめなんですけどなんとなく絵がきれいで引きこまれた作品でした。

kimion20002000さんのブログにもちょくちょく遊びに行かせてください!
またのご訪問お待ちしています!!

投稿: 映画生活 | 2006年8月 1日 (火) 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/2692046

この記事へのトラックバック一覧です: 大停電の夜に:

» NO.152「大停電の夜に」(日本/源孝志監督) [サーカスな日々]
どうせ一夜のファンタジーなら、複雑な人物相関に頭を悩まさなくてもよかろうに・・・。 ●北米・カナダ大停電 2003年8月14日 アメリカ東部時間午後4時過ぎ、米北東部から中西部までの幅広い地域とカナダ南東部で一斉に停電が起き、ニューヨーク他大都市の約5千万人が影響を受け、史上最悪の広域災害となった。停電の原因は、送電線に対する不十分な投資、中西部における地域間共同運用の不備、運営者間の連絡不十分などによるもので、送電管理システムがダウ�... [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 13:18

» 藤岡琢也さん死去 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の父親役などで知られ、テレビ、舞台の名脇役として活躍した俳優の藤岡琢也(ふじおか・たくや)さんが20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去した。 76歳。 兵庫県出身。 広島の陸軍幼年学校在学中に敗戦を迎え、その後入学した関西学院大を中退。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 07:54

« ヴァージン・スーサイズ | トップページ | 玉置浩二 »