« スウィングガールズ | トップページ | スリーメン&ベビー »

2006年9月 9日 (土)

アバウト・シュミット

Photo_159 Photo_472003年公開(125分)
製作国:アメリカ
監 督:アレクサンダー・ペイン
CAST:ジャック・ニコルソン

 <STORY
仕事一筋のまじめで平凡な一人の男が、定年退職を機に第2の人生を歩む姿をユーモアとペーソスを織り交ぜて描くヒューマン・ドラマ。
アメリカ中西部オマハ。
この日、勤め先の保険会社で定年退職の日を迎える66歳のウォーレン・シュミット。Photo_48
彼はこれまで妻ヘレンと今は離れて暮らす娘ジーニーと共に、平凡だが特に不満のない人生を送ってきた。
そして次の日から新たな人生を歩むことになる。
しかし、翌朝目覚めてみると、シュミットは会社中心の生活リズムが染みついていたせいか手持ち無沙汰になる日々が続いた
そんなある日、妻ヘレンが急死する
そして葬儀の準備に追われるシュミットのもとへ、愛娘ジーニーが婚約者ランドールを伴い戻ってくるのだった…。Photo_49

つぶやき
笑いもあり、ユーモアあり、涙あり…です。
そしてどこにでもありそうな一つの人生の物語。

こんなにシンプルに、どこまでも普通に演じたJ・ニコルソンが今回もスゴイ。
一歩間違えるとたいくつになりかねないストーリーを、かなりさりげない演技で、本当に━どこかにいそうな人━として演じています。

Photo_158ラストシーンの涙を見て、
『あ、この映画観てよかった。』
と、誰もが思う作品だと思います
Photo_160

そして、オープニングからとっても雰囲気のある作品。
J・ニコルソンの語りがなんともいい声で聞き惚れます。
一度男性に観て欲しい作品。
きっと身近にある幸せに再度気づきます。

|

« スウィングガールズ | トップページ | スリーメン&ベビー »

コメント

シュミットさんが、車のドアのはるか手前からキーを準備する妻の習慣を嫌悪していると告白するシーンに、爆笑しました。
するんです、私も。
ジャック・ニコルソンは大好きな俳優です。

投稿: july,july | 2006年9月 9日 (土) 22:22

july,july さんこんばんは。
J・ニコルソン。
私もとても好きです。

退職後、
この横で眠っているおばさんは一体誰だ??
なんてシーンはとても笑いましたし、なんだかちょっと日本的な雰囲気で楽しめました。

投稿: 映画生活管理人 | 2006年9月10日 (日) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/3344689

この記事へのトラックバック一覧です: アバウト・シュミット:

» 『アバウト・シュミット』。 [ねこにっき]
秋が近づくと何故か、DVD鑑賞が増える私です{/hiyo_shock2/} {/cherry_blue/}{/cherry_red/}アバウト・シュミット{/cherry_blue/}{/cherry_red/} 2002年 アメリカ(125分) 監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジャック・ニコルソン、キャシー・ベイツ {/cherry_blue/}{/cherry_red/}ストーリー{/cherry_blue/}{/cherry_... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 03:11

« スウィングガールズ | トップページ | スリーメン&ベビー »