« あけましておめでとうございます。 | トップページ | お正月。 »

2007年1月 1日 (月)

「男と女」そして、「男と女Ⅱ」

Photo_81 妻に自殺されたレーサーと、
スタントマンの夫を目の前で失った女。

寄宿学校にいるお互いの子供を通じ
知り合った二人。
次第に惹かれ合い恋に落ちていく……。

カンヌ映画祭グランプリに輝き、
C・ルルーシュの名を一躍世界に知らしめた傑作。
「男と女」

シャバダバダ~♪シャバダバダ♪
の音楽が有名なあの作品のⅡがありました。いかにもフランス!な作品。

男と女 オリジナル・サウンドトラック Music 男と女 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:オーマガトキ
発売日:2004/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Ⅰを観たのが何年も前なので、
ストーリーを思い出しながら・・・

Ⅰのラストシーンから20年。
そこから始まるもう一つのストーリーです。

男と女 II DVD 男と女 II

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/08/05

Amazon.co.jpで詳細を確認する

アヌーク・エーメはやっぱり美しい。
ジャン=ルイもまだまだかっこよかった。

でも、Ⅰの物語があまりに綺麗すぎて、
Ⅱは少し無理やりな展開に頭を悩まされます。

なんと言ってもPhoto_83
Ⅱの中では、
二人の20年前の物語を
映画化しようという話になるのですから。

どちらかといえば、
明らかに「男と女」のほうがいい。

こんなに美しい映画を観ないのはもったいない、と思います。

でも、Ⅰを観てみて
あんなに素敵な映画だと、
続きがあるなら観たい!
とついつい思ってしまいますよね。Photo_82

「Ⅱ」なので、
あまり期待はできないけれど、
やっぱり美しい雰囲気のある作品です。

映画生活管理人、2007年初映画は「男と女Ⅱ」でした。

今年もどうぞ【映画生活】をよろしくお願いいたします。

                       映画生活管理人

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | お正月。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/4762219

この記事へのトラックバック一覧です: 「男と女」そして、「男と女Ⅱ」:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | お正月。 »