« エンジェルアイズ | トップページ | シェフと素顔とおいしい時間 »

2007年1月 5日 (金)

セルラー

セルラー DVD セルラー

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サスペンス、
アクション、

といった類の映画は苦手。

特に誰かと一緒に観るのは苦手。

だって、
足が勝手にブレーキを踏もうとしたり、
戦闘シーンは銃を避けたくなるし、
そんな自分を隣で見られるかも・・・
と思うとげんなりしてしまうから。

でも、
父がおもしろいよと言ったら
観ないわけにはいかない
映画生活管理人。

DVDケースに書かれていた、
手に汗握る・・・
とか、
最後まで目が離せない!・・・Photo_84
というキャッチフレーズは本当でした。

とにかく展開が早かった。

ドキドキしている間に、
どんどんストーリーは展開して、
よくよく考えるとちょっと不自然な部分も
難なく楽しめるのです。

Photo_85ある日、
突然かかってくる電話。
知らない女性が電話口で誘拐されたと言っている。

その携帯電話の持ち主は、
普通の青年。
強そうでも、賢そうでもない。

女性は言う、
あなたとのこの電話が命綱なの。

状況を飲み込めないまま
とにかく半信半疑で警察へ。

しかし警官には相手にされず、
充電が切れそうになったり、
女性の家族の誘拐も阻止できない。Photo_86

車は渋滞につかまり、
他人の電波により電波が妨害され、
電波が途切れるからトンネルは通れない。

犯人は、
その女性に旦那や目的のものの場所を聞き出そうと
詰め寄る。
青年が耳を当てている電話のすぐ向こう側で。Photo_87

この、状況。
とても怖い。

心に残るとか、
教訓があるとかそういう楽しみ方ではなく、
始まったら止まらないスリルを味わえる映画。

たまたま電話を受けることとなった青年は、
もう助ける以外に道はない。
報酬もなく、
危険にさらされ、
相手がどんな人間なのかもお互いわからない。

自分ならどうする?
3日間くらい寝られなくなりそうなのでやめておきます。

今回もまた悪役で登場するPhoto_88
ジェイソン・ステイサムにも
ワクワクさせられました。

スナッチとか、
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
のちょっと間抜けな役もいいけれど、
完全な悪役の彼はまた良かった。

お正月の娯楽映画として
オススメの1本。

|

« エンジェルアイズ | トップページ | シェフと素顔とおいしい時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70298/4800426

この記事へのトラックバック一覧です: セルラー:

« エンジェルアイズ | トップページ | シェフと素顔とおいしい時間 »