« 2008年2月 | トップページ

2008年5月24日 (土)

冷静と情熱のあいだ

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫) Book 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

著者:江國 香織
販売元:角川書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

何年か前に話題になっていたのに、
映画を観てしまい、
小説のほうは読んでいなかった江國さんの作品。

ミラノのドゥオモで再会を約束する
恋人たちの物語。

“人生というのは、
その人のいる場所にできるものだ、
という単純な事実と、
心というのは、
その人のいたいと思う場所に常にいるのだ、
というもう1つの単純な事実が、
こういう小説になりました”

江國さんがあとがきでこう語っています。

そうだ

と思う。

人生は、今私のいる場所にできていて、
心は自分がいたい場所にいる。

家族を想い、
たまには自分の将来を想ってみたり、
本当はいつも抱きしめたいくらい大好きな友人を想う。

心は、いたい場所にいることができる。

そこで、疑問が1つ。
「人生」ではなく、
心だけがそこにあっていいのかということ。

それが悲しければ、
明日にでも「人生」の場所も移すことができる、
そんな柔らかい心で生きたいなと思います。

写真は映画で舞台となったフィレンツェのドゥオモです。000452 登るのは、想っていたより大変でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ホテルカクタス

ホテルカクタス (集英社文庫) Book ホテルカクタス (集英社文庫)

著者:江國 香織
販売元:集英社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

街外れにある古びた石造りのアパート『ホテルカクタス』
1階の1角には帽子が、
2階の1角にはきゅうりが、
3階の1角には数字の2が住んでいた。

そんな奇妙な3人の生活。

ともに音楽を聴き、
ともに枝豆を食べ、
ともに好きな酒を飲む。

共通点も無ければ性格もまったく違う3人。
そして彼らが<人>らしいけど<人>でない、
その奇妙な風景の中に大切なメッセージがつまっています。

下の写真はフランスで出会ったすてきなアパルトマン。1465

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ヴェネツィアにて

昨年、
ベネツィアに行った時の写真です。
000607_2000619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

ベニスに死す

ベニスに死す DVD ベニスに死す

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/12/07

Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分が死ぬ日に、
“恋をしている”
という設定を思い浮かべたことがありますか?

この映画は
最後、疫病で命が尽きる瞬間まで
恋をしていた男の話。

Photo1911年のヴェニス(ヴェネチア)。
グスタフ・アシェンバッハは休暇をとって、ひとりこの水の都へきた作曲家・指揮者である。

ホテルには世界各国からの観光客があつまっていた。 アシェンバッハは、ポーランド人の家族にふと目をやった。

母親と三人の娘と家庭教師、そして、母親の隣りに座った一人の少年タジオにアシェンバッハの目は奪われた。

Photo_2 タジオを見たその時から、アシェンバッハの魂は完全にタジオの虜になってしまった。

しかしこの頃、ヴェニスには悪い疫病が瀰漫しはじめていたのだ。その疫病が真性コレラであることをアシェンバッハは知ったが、それでも、ヴェニスを去ろうとはしなかった。ただ、タジオの姿を追い求めて、さまよった。

自分がもうすぐ死ぬとわかっていても
惹きつけられて止まない相手が死ぬ間際にいたアッシェンバッハ。

髪を染め、若く見えるよう薄化粧までして
タジオの後を追うアッシェンバッハ。

悲しく、哀れで、救い難い。
けれど、この映画はとても美しい。
誰が、誰に恋焦げれようとも、
それはやはり1つの大切な恋なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

タップ・ドッグス

タップ・ドッグス DVD タップ・ドッグス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/10/26

Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画も好きなダンス映画の中の1本です。
製鉄所で働く若者たちがタップダンスでグループを作り、
自分たちのステージを作り上げるまでを描いています。

こちらで劇場予告の映像が観られます!

ラストシーンは製鉄所で繰り広げられるダイナミックなステージ。
映画であったことを忘れ、まるで舞台を観ている気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

パリ雑貨日記

パリ雑貨日記 Book パリ雑貨日記

著者:ナカムラ ユキ
販売元:mille books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

下の写真は、大好きなモーリス・ユトリロがよく描いた街“モンマルトル”にあるラパンアジルという酒場。
1人でカメラ片手に散策しました。

パリの街は、とっても好きな街の1つです。かわいい雑貨やお店だらけで、まっすぐ歩くほうが難しい街。この『パリ雑貨日記』を読んだらすぐにでも行きたくなってしまいます。

最近、旅不足だな・・・
と感じたら手に取る一冊です。

1383_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

フットルース

フットルース DVD フットルース

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画は『フラッシュダンス』と一緒で
中学生の頃から大好きな1本。

ケビン・ベーコン演じる<レン>に恋する同級生エリエルの
赤いウェスタンブーツにもいまだに憧れています。

1984年の作品ですが、今観てもファッションも音楽も古く感じない映画です。

そしてダンスとダンス映画が好きな映画生活管理人は
日本には、ダンスが足りないのではないか・・・
そう思う今日この頃です。

もっと踊って、
もっと笑って、
もっと今を楽しみたい。

そう思っている人はたくさんいるはずなのに
なかなか踊れない。(もちろん私も!)

この映画を観ると、
やっぱり踊りたい!!!
と部屋で1人、ノリノリになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

Rain

ヴィム・ヴェンダースpresents Rain DVD ヴィム・ヴェンダースpresents Rain

販売元:トランスフォーマー
発売日:2007/10/05

Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの時、なぜ・・・

そんな後悔は誰でも必ずあるものではないでしょうか。
しかも、理由はとっても小さなこと。

例えば、
“雨がふっていた”とか。

チェーホフの短編をもとに
映画化した群像劇
『Rain』Rain

3日間にわたるモンスーンの雨の中、
クリーブランドに住む6組の人々の苦悩や悲しみが描かれています。

同じ群像劇でも『バベル』のようにそれぞれのストーリーが絡まりあうことは無く、『マグノリア』のように前向きなメッセージがあるわけではない。

そこにただ雨が降り、
全編ラジオからのJAZZで繋がっています。

私が逃してしまったものは何だろう。
あの時失ったものは何だっただろう。
今どこにそれはあるのだろう。

3日間に渡る雨が去ったとき、
クリーブランドの彼らは陽の光に何を願うのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ