2008年5月11日 (日)

タップ・ドッグス

タップ・ドッグス DVD タップ・ドッグス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/10/26

Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画も好きなダンス映画の中の1本です。
製鉄所で働く若者たちがタップダンスでグループを作り、
自分たちのステージを作り上げるまでを描いています。

こちらで劇場予告の映像が観られます!

ラストシーンは製鉄所で繰り広げられるダイナミックなステージ。
映画であったことを忘れ、まるで舞台を観ている気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

トッツィー

トッツィー DVD トッツィー

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とにかく咳が止まらない、
声が出ない。

そして微熱とも戦いながら、
映画生活管理人は
やっぱり映画をみます。

お正月からの
風邪が治らずまだ寝込んでおります。

ということで、
とにかく明るい、
とにかく楽しい映画が観たい。

と、Photo_94
自宅にあるDVDを観ています。

まずはトッツィー。

大好きなダスティン・ホフマンが主演
でも、
ちょっと違う。

なぜならこの作品の中で、
売れない俳優役のホフマンは、
女優になるのです!Photo_95

あまりに仕事がないから、
女優の枠のオーディションまで受けちゃった。
そして受かってしまった!

そんなコメディです。
82年の作品。

なんかうまくいかない!
そんな日に。
ちょっと楽しい気分になれる1本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ダーティーハリー

ダーティー・ハリー(オリジナル・スコア) Music ダーティー・ハリー(オリジナル・スコア)

アーティスト:サントラ
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2004/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダーティーハリー」とかどうかな。
と、父にDVDをねだったのは私。

金城一紀さんの小説の「GO」の中で、Photo_78
主人公の二人が
クリント・イーストウッドの映画について
話すシーンがあります。

男の子のほうが一番好きと言っていたのがこの作品。

ちょうど、新作の宣伝のために、
イーストウッドの作品のみのコーナーがあり、
何本か購入しました。

とても30年近く前の作品には思えない
斬新さはあるけれど、
イーストウッドが若い!

撃ち合いのシーンはやはり工場の中。Photo_80
確か「ルーキー」でもそうでした。
ベルトコンベアに乗って、
犯人に近づくシーンは彼だからかっこいい!

イーストウッドにほれぼれする1本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

トムとジェリー DVDアカデミー・コレクション

トムとジェリー DVDアカデミー・コレクション DVD トムとジェリー DVDアカデミー・コレクション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トムとジェリー。
とってもかわいい追いかけっこ。
小さな頃から大好きです。

よくあんなかわいらしいケンカを思いつくものです。
ケンカするほど仲がいい
とはよく言ったもので、この二人(二匹?)を見ているとまるで私と私の母。

日曜日の朝のアニメに飽きたお子様に。
ジブリを観る気分じゃないとき。
とくにこのアカデミーコレクションがオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

タイタンズを忘れない

タイタンズを忘れない 特別版 DVD タイタンズを忘れない 特別版

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 <STORYPhoto_134
若者たちはそれを〈友情〉と呼んだ。
大人たちはそれを〈奇跡〉と呼んだ。

公民権運動によって人種の壁が取り払われようとしていた1971年のアメリカ。ヴァージニア州の保守的な田舎町でも、白人の高校と黒人の高校が統合され、フットボール・チーム「タイタンズ」は黒人のヘッド・コーチを迎える。Photo_135
彼の厳しい指導に戸惑いながらも、選手たちは理由もなくお互いを憎み合う事の愚かさに気づき《心の壁》を乗越えていく。
連戦連勝の快進撃を続けるチームは名実共にひとつになり、町の人々もいつしか心からの拍手と喝采をタイタンズに送っていた。
だが、大事な試合を目前に控えた夜、誰もが予期しなかった悲劇が起きようとしていた…。Photo_136

つぶやき
この作品、私は二回目の鑑賞です。
何度観ても、とても実話とは思えないストーリーです。

DVDの特典映像では、このFBチーム『タイタンズ』のコーチを務めたブーンコーチとヨーストコーチのインタビューも観られます。

この作品がとても現実味を見せるのは、主人公として登場している白人スター選手のゲリーがとても不運な事故に二度もあってしまうところ。

Photo_137 わざわざこんなストーリーにしないでしょう?
スター選手に二度も事故にあってもらう必要ないでしょう?
でも、事実を描いたため物語は少し悲しく幕を閉じます。
真実は、時に物語を越えていますね。Photo_138

南北戦争の決戦の地、ゲティスバーグでのブーンコーチの言葉は、歴史の授業でしか知らない私たちにも届くほどの重みがあります。

Photo_33生まれながらにもっているものの差による争いや友情を描いた
とっても意義のある映画だと思います。
邦画なら、記憶に新しいのは『パッチギ』ですかね。
南北戦争の勃発する年号をテストのために覚えるくらいなら、
この映画を観て欲しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

チキンラン

チキンラン DVD チキンラン

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2001/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2001年公開(84分)
製作国:アメリカ
監 督:ピーター・ロード 、ニック・パーク

 <STORY
世界中で大人気のクレイ・アニメーション「ウォレスとグルミット」シリーズのニック・パーク監督がスピルバーグ率いるドリームワークスと組んだエンターテインメント・クレイ・アニメーション。
イギリス、ヨークシャー州にあるトゥイーディー養鶏場。
ニワトリたちは強欲な養鶏場の女主人ミセス・トゥイーディーの支配下で、囚人のような生活を強いられていた。
ジンジャーたち雌鳥たちは自由を目指して何度も脱走を試みるのだが……。
絶体絶命の彼女たちが最後に賭けた大脱走作戦とは!?

つぶやき
先日、『ウォレスとグルミット』シリーズをご紹介しました。
今回もニック・パーク監督で、とても楽しいクレイ・アニメが製作されています。
ちなみに、1ヶ月ほど前まで『ウォレスとグルミット ━野菜畑で大ピンチ━』
も公開されていましたね。

この作品は、
クレイアニメ版・チキン版『大脱走』です。なので『大脱走』を知っている方のほうが楽しめるかもしれません。

大脱走 DVD 大脱走

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

冒頭部分の雌鳥の中でも元気で若い『ジンジャー』が、様々な脱走を試みるシーンはとってもかわいい。

だいたい、養鶏場の鶏の脱走劇なんてほかにないですよね。
メイキングを観ると、どれだけクレイアニメの製作が難しいかも伝わってきます。
ぜひ一度DVDをご覧ください。Photo_21

子供から大人まで楽しめます!(グルミットよりは少し子供向け

P.S:でも、やっぱり【映画生活】管理人はグルミットシリーズの『ペンギンに気をつけろ!』 をぜひみていただきたいなぁ・・・と思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

茶の味

茶の味 グッドテイスト・エディション DVD 茶の味 グッドテイスト・エディション

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2004年公開(143分)
製作国:日本
監 督:石井克人
CAST:浅野忠信、手塚里美、我修院達也

 <STORY>
山間の小さな町に暮らす春野家の人々。
彼らはそれぞれ悩みを抱え悶々としていた。
内気な高校生の長男・一は恋に悩み、小学校に入学したての妹・幸子は時折ふと現われる巨大な自分の分身に困惑している。
母・美子は子育てが一段落したことでアニメーターに復帰しようと奮闘中。
催眠治療士の父・ノブオは、そんな美子に不満な様子。
東京で音楽ミキサーをやっている叔父のアヤノは元恋人に未練タラタラ、ノブオの弟で漫画家の轟木一騎は仕事に行き詰まっていた。
それでも春野家の祖父・アキラはそんな家族をいつも温かく見守っていた…。

<つぶやき>
うーん…。
ホントはおもしろいのかもしれない…
と思っていなくはないのですが、なにしろ2時間ちょいが、かなり長く感じます。

とっても豪華なキャスティングだから、きっと眺めているだけでも楽しいだろうと思ったのですが。
かなりシュールそして癒されるという、独特の作品。

我修院達也の歌の数々は、うまいし笑わせてくれます。

浅野忠信の演技も今回もやはり良かった。
刺青の男の話をしているシーン、中嶋朋子との会話のシーンは格別です。

石井監督の作品を観てみようかな…というかなりの映画好きの方にはオススメな作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

大停電の夜に

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) DVD 大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2005年公開(132分)
製作国:日本
監 督:源孝志
CAST:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、寺島しのぶ、井川遥
    阿部力、本郷奏多、香椎由宇、田畑智子、宮城孔明、品川徹
    淡島千景、宇津井健Photo_76


 <STORY
東京がいちばん光輝くクリスマスイヴ。宇宙では雪が舞い、かつてない夜がはじまろうとしている。
古びたジャズ・バーから聴こえてくるのは、「マイ・フーリッシュ・ハート」。
その甘く切ない旋律は、一年に一度のこの夜を待ち望む人たちへと降り注いでいく。Photo_77

それぞれのクリスマスイヴが始まろうとしていた。
そんな時、すべての光が一瞬に消え、東京がかつてない暗闇に沈んだ。
ラジオからは、緊急ニュースを伝えるアナウンサーの声が流れる。
12月24日午後5時過ぎ、東京を含む首都圏全域が大規模な停電に見舞われました」…Photo_78

つぶやき
登場人物は、14歳の少年から75歳まで,あらゆる世代の男と女。

登場する12人。
キャンドルの灯りと、東京の都市の灯りが消えたために姿を現した星空の明かりに導かれ、それぞれのクリスマス・イヴが描かれる。

決して一夜の出来事では終わらない、様々な出会いや別れ、事実や隠し事。
灯りの消えた東京で、12人が語り合う。

『あなたは本当に、見えていますか?』
そんなことを観ている人にも訴える作品。Photo_79

電気を消して、キャンドルで夜をすごしたら、あなたも━言えなかったこと━が言えるかも知れません。
キャンドルと、ワインと、23度に設定したエアコンの下で、季節外れの『クリスマス』っていうのはどうでしょう・・・

映画生活管理人は12月までとても待てそうにないので、この暑い7月におすすめの一本として掲載してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年7月 7日 (金)

チキンリトル

チキン・リトル DVD チキン・リトル

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

チキンリトルはとってもかわいかったです♪

高いところに登りたいときは、炭酸のジュースを買ってきて、それを一生懸命振ってジュースの噴射の勢いで飛んでいくんです!!!

それにとっても小さいけど元気なチキンリトル。
こんなにかわいいのにストーリーはトム・クルーズの『宇宙戦争』のパロディ。
…なんで『宇宙戦争』選んでしまったのかなあ…。
まあ、かわいかったから良しとしましょう。
お休みの日にお子さんと一緒にどうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

ディナーラッシュ

ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~ DVD ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004/07/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2002年公開(99分)
製作国:アメリカ
監 督:ボブ・ジラルディ
CAST:ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ

 <STORY>
ニューヨークの人気レストランを舞台に繰り広げられる様々な人間模様に殺人事件を絡め、一夜の出来事としてスリリングに描いた痛快なサスペンス・ドラマ。

<つぶやき>
『シェフと素顔とおいしい時間』というジャン・レノ主演のフランス映画をご存知でしょうか???

こちらの作品では、かなりゆったりと食事が作られていた記憶があります。

一方、今回の作品は『ディナーラッシュ』
のタイトルの通り、夕飯時に始まるディナーラッシュ。
この数時間の間の厨房の中は戦場です。ゆったり・・・とは程遠い。

D6この作品の中では音楽にあわせてフライパンや野菜やステーキ用の肉の塊が飛び交う。
ウィトレスは早く仕上げろとシェフに叫び、そんなことを聞く暇も無くひたすらつくり続けるシェフたち。

この映画は『二つの箱』で構成されているように感じます。
一つは『厨房』。一つは『リストランテ全体

D7 戦場と化した厨房の中と、客席に座る様々なキャラクターの人間たち。
そしてその間を行きかうオーナーとその息子で料理長のシェフ。

マフィアや芸術評論家、NYらしく手厳しいレストランの評論家には特別メニューをだしたりこの箱の中には様々な人々の思惑が交錯します
D2_1作品自体もいろんなテーマを描いています。
しかし、マフィアにもイタリア芸術にも現地NYの評論家の存在にも知識のない日本人の私は単純に、『覗き見』を楽しみました。

D3華やかなリストランテ、
ディナーラッシュに多くの人々が料理を待ち、
テーブルにエビののった白い皿がいくつも運ばれ、
戦場となった厨房では色とりどりのメニューが仕上げられる。

       監督がリストランテ経営者ならではのリアルさがある作品です。
       つかの間の『覗き見』、楽しんでみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧