2007年1月15日 (月)

「世間のウソ」そして、「ニューオリンズ・トライアル」

世間のウソ Book 世間のウソ

著者:日垣 隆
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この本を読んでいたら、
裁判制度の章でこの「ニューオリンズ・トライアル」が紹介されていました。
思い出して、
二度目の鑑賞です。

ジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンの
初の共演作。

二人は、Photo_96
仕事にありつけない貧乏な頃からの
親友なんだとか。

正義を貫く弁護士ローア(ホフマン)、
被告側の陪審コンサルタントのフィッチ(ハックマン)が、
ある銃乱射事件の裁判で対決します。

その陪審員のなかにまぎれているのが
ジョン・キューザック演じるニック。

そして、
ローアとフィッチに
「陪審員売ります。」
という手紙を渡したレイチェル・ワイズ演じるマーリー。

この四人の駆け引きが見所。

銃社会。
訴訟社会。
この二つのアメリカを象徴する問題を切り口として、
頭脳戦が繰り広げられるリーガル・エンターテイメント。

法廷を舞台にした映画はたくさんあるけれど、
こんなにいいキャスティングで、
こんなに展開がスピーディーなのは初めてかもしれません。

おすすめの作品です。

ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション DVD ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ネバーランド

ネバーランド

2005年公開(100分)
製作国:アメリカ/イギリス
監 督:マーク・フォースター
CAST:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ケイト・ウィンスレット、 
    ダスティン・ホフマンPhoto_2

 <STORY>
あえて書きません。
とっても素敵なストーリーです! 
 
<つぶやき>
まだまだブログをはじめたてで、少し古い作品ばかりで申し訳ありません。
でもこれは本当に、素敵な作品でした。
この記事を書きながら、後ろに『ネバーランド』の公式HPを開いていますが、みなさんもぜひご覧ください!!!
きれいな音楽と、たくさんの写真や映像と、あったかいメッセージがたくさんです。
この映画は劇場に観にいきました。
CMで流れていたラストの、デップとフレディのベンチに座っているシーンは今思い出しても涙が出ます。
なんとなく、一度だけしか観ないほうが良いかもしれない…と思い、見たいのにDVDを観ていません。
この映画は大切な家族や、友人や、恋人…とにかく大好きな人と観てください。実話を元にしていて、こんなに温かみのある話にできるのはデップとフレディ君の演技や映像美、色使いの繊細さではないでしょうか。
心があーったかくなります。Images_1

大切な人と…
 大切な時間を…

  「ネバーランド」と共に過ごして…
      
   ー信じたら必ず行ける場所ー 

              へ旅してみてはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)